転職20回以上 多くの人間関係の悩み、残業請求など

はじめまして。40代後半です。 大学を2浪し卒業してから、約20社ほど転職してます。 世間で言うキャリアアップみたいな転職ではなく、いじめ 、長時間労働、うつ、長い空白期間、世の中の労働してい るひとの悩みはすべて経験しました。  残業代請求で裁判をして、200万円ほど勝ち取ったことも あります。 世間ではブラック企業で鬱になったり、長年のひきこもりから脱出したが空白期間が長いため就職できなく悩んでいる方、また学校を卒業して仕事や人生に悩んでいると少しでも共有できればと思います     よろしくお願いします。

2018年12月

 ニュースで見たんだけど会社側が1か月に1回社員一人に5000円を渡し、いろんな課の人と





集まって飲み会をさせるんだって。その飲み会を催してから会社の売り上げが10倍となった





みたいだ。お互いの課でコミュニケーションが良くなって仕事にも良い影響が出たんだろね。




 そういう会社て、元々良い会社なんだろうね。会社の社員に対する待遇が良い会社が飲み会を




させることによってさらに良くなったと。ブラックな会社で、そういうことさせても意味ないよね。社員





にとっては罰ゲーム







 社交性の無い私には、忘年会は苦痛でしかない。仕事を忘れて交流






だというが、嫌な奴とは忘年会でも本音で交流なんてできない。






世の中の半分の人は忘年会行きたくないみたいだね。ニュースで見たよ。





年賀状を社員同士で出すのを禁止にしている会社あるよね。





出されたほうも、出し返さないといけないから。







忘年会で社員同志のコミュニケーションが豊かになって会社の利益が増えたと




あるが、転職マニアの私にはどうでもいいよ。忘年会やめてくれ。





忘年会も禁止にしろ


 会社内でキレたこと4回ほどあります。他の人が会社内でキレ



たのを見たこともあります。世間では「キレル」という行為に対して



我慢が足りないとかマイナスイメージです。が,このキレルという行為




は使いかたによっては、あなたの会社生活を良い方向にしてくれる




のではないでしょうか。会社内でキレた人を見ていると、それ以後





周りの人は、そのキレた人に対してバカにしたり軽はずみな行動を取




らなくなっています。当人も、あの時、キレて良かったと言います。あまり、




あの時キレないほうが良かったという人は聞いたことがありません。




上司目線からすると、会議でキレるような人間に対して軽はずみな




行動をとると、上司のさらに上の上司に、その行いを言われるのでは




ないかと危機感を持つようになります。同僚も彼に軽はずみなことをすると、




ややこしくなってしまうと思い、あまり軽はずみなことをしなくります。




  

  このキレル行為は温厚な人間ほど周りに効果があります。




日頃からキレル人間が会議でキレても単なる怒りやすい



人で終わる可能性があります。
 



 まじめに仕事をしているのに周りが理不尽な態度を取られている人は、




一度、会議などの大勢の前でキレてください。周りの態度が、その日から変わり




仕事をしやすくなります。



このキレる行為は例えるなら




バカみたいに振り回してはダメです。大勢の前で、かつ、あなたの



考えが
正しいときにキレてください。1対1なら、あなたが正しい



ことを言っても反逆されます。大勢で、あなたの言い分が正しいなら、誰も



言い返せないです。




 キレル場所や状況を間違えると、返り討ちにあうかもしれませんので慎重にキレて




ください。


 大学を卒業して2社目の会社だよね。大阪の天満にある会社で



○○コンピューターサイエンスというところに転職したよ。きっかけは



1社目の会社でベーシックのプログラミングをしたんだよね。面白そう




だなだと。
 




 この頃は、仕事に対してやる気マンマンだった。スキルを身に着けてバリバリ




稼げるような人間になりたいなと思ったよ。





 社員数は500人くらいの会社なんだけど規模の割に




給料は良くなかったよ。ワンマン社長の感じの会社だったかな。





営業所に社長が入ってくる、幹部たちが立ち上がって他の社員に




お前らも立ち上がれというジェスチャーをして立ち上がらせ、社長に




挨拶させる。で、社長は、お前たち座れというジェスチャーをして座らせる。

 

 よく、北朝鮮の将軍様が入ると周りの者が立ち上がって、あいさつする。




将軍様は、お前ら座れというジェスチャーをして座らせる。あのシーン。

 



  この時代は、結構未経験でプログラマーの募集をしてたよね。




今は廃刊になったBingという転職情報誌で募集してたよ。




研修はチャートの書き方とCOBOLという言語を教えてもらったよ。





COBOLという言語は、その当時は銀行や保険会社のシステムに





よく使われていましたね。

 



 ぼくの同期は10人くらいだったかな。半年で半分くらい辞めたよね。




無駄な残業が多かったね。研修も10時くらいまで



会社にいたよ。帰れせてもらえない雰囲気


を上司が作ってるんだよね。帰るときに、その日したことのレポート




を上司に直接渡さないといけないんだよね。8時にでも渡そうとすると、




他の奴らは残っているのに、なぜお前は帰るんだとか、やる気があるの





かと言って責められるんだよね。プログラミングとかの課題を渡されて、




完全の放置プレー。考えろと言って3日も4日もほっとくの。

 


 上司が言ってたよ。俺の好きな部下は、夜遅くまで残って


仕事をして残業代をいらなという
社員だと。






たぶん、社長が、そういう社員をほしいんだろうね。今、思えばサービス残業





に耐えれる社員を養成してたのかなと思うよ。

 




 研修を終えたら、NTTや保険会社に行って、そこに常駐するの。




システムを考えるのはNTTや保険会社の人たちなんだろうね。




その作ったシステムに対してプログラムを作っていくと。




ぼくはNTTの常駐で、システムのツールを管理する仕事。




よくわからんかったな。

 


たいして能力もないのに、こんな下請け会社ではスキルが付かない





なと思って、転職することばかり考えてたよ。





自分の能力を把握できてないんだよね。今思えば





理系の大学を卒業したんで制御系のプログラムを作りたいとか





思ってたよ。理系イコール制御系とは言えないんだけどね。

 


 で1年くらいして、次の転職先を見つけたんで辞めるの。




でも、次の会社では逆に辞めさせられるんだよね。





人生うまくいかないね。

  FX、投資全般は生き方を反映してるなと思うときがあります。



1日中チャートに張り付いてトレードをしても大金を失う人もいれば、



1週間にたった5分くらチャートを見て何百万の利益を得るひともいる。



世の中の仕事を見ても思うよね。すごい稼仕組みを作り、寝ながらも



大金を得るひともいれば、どんだけ頑張っても年収300万もないひと。

 


 損切りという考え方も世の中を映している気がします。



将来性のないことを一生懸命がんばってい人もいる。



いったん、がんばっていることを損切りして



出直したほうが良いときもある。

 


  世のなかもそうだけど、




頑張ればいいという考えは通じないね


 建築の安藤忠雄さんは、建築家になる前はボクシングで稼ごうと




してたみたいです。あるとき世界チャンピオンのファイティング原田の




練習風景を見てボクシングを辞めたそうです。ファイティング原田の練習を




見て自分には無理だと悟ったと。
  


   1を見て10を知る


 
 全体像を見て自分には無理だとわかったと。

 

 
 テレビに出て有名な予備校講師の林さんが「自分に適性



のある場所で、がんばれば成功する」



と聞いたことあるけど、凡人は、その適性の場所を





見つけれないんだよね。まあ、運の要素も大きいんだろうね。


 


 ぼくに、そんな才能があれば転職マニアにはなってないんだが。

ニート日記ランキング

↑このページのトップヘ